紫カリフラワーの酢漬け
カリフラワーといったら「白」ですね。
でも、最近では緑やオレンジ、紫といったカラフルなものも見かけるようになりました。
日本でも色つきカリフラワーは出回っているのかな?

今回、初めて紫のカリフラワーを買ってみました。
ボイルしてサラダに入れたらいい感じかもと思ったので。

でも、ボイルしたら、きれいな紫色がすっかり褪せてしまったんです。どんな色になったかっていうと、
紺色のTシャツが、日にすっかり褪せたような色。
これじゃあちょっとがっかりなので、急遽甘酢漬けにしました。

e0109834_0561333.jpg


酢をかけることで色が鮮やかになります。
紫キャベツの酢漬けをたまーに作るのですが、それと全く同じですね。紫キャベツも茹でて甘酢につけることできれいな赤紫に変わります。その瞬間は本当に見事!

アメリカでは、アペタイザーやサラダなどで、生のブロッコリーやカリフラワーがよく使ってあります。
この色つきカリフラワーも、そういう使い方がメインになっているんじゃないかなと、ボイルした時の情けない色を見て思いましたね。
しかし、日本人の私としては生ではやはり抵抗があるんですよね。
この甘酢漬け、サイドに色を添えるのにはかなりいい一品になりました。

今回の甘酢の材料:
砂糖、酢、塩少々、胡椒少々、サラダオイル


avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」 もどうぞよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
[PR]
# by avocadogohan | 2007-10-04 08:43 | 野菜料理
ささっと作れるバナナチョコレートケーキ
あっという間にもう10月に突入してしまいました。 最近すっかり秋模様のセントラルコーストです。

新学期が始まったときにアップした「Back to Schoolのおやつ」の中で書ききれなかったバナナチョコケーキのレシピをご紹介しておきますね。

e0109834_253225.jpg

e0109834_2531767.jpg


これはお気に入りのサイト「COOKPAD」で見つけたレシピにあった、「バナナチョコマフィン」を参考にしました。 ちなみに、私のチョコケーキには刻みクルミも混ぜてあります。
バターの代わりにサラダ油を使い、材料をどんどん混ぜて焼けばいいという、簡単おやつ大好きの私にはぴったりのレシピ。参考のレシピでは、フードプロセッサでどんどん混ぜて作ってありますが(これも楽チンですよね)、我が家のFPは超小型なので、私はハンドミキサーで混ぜました。
基本のパウンドケーキのレシピにドライフルーツを足したり野菜を入れ込んだりと、バリエーションも無限に広がるのがこれまた嬉しい優れものレシピです。

上の写真のケーキは、「Back to Schoolのおやつ」の時のものではなく、先月の長女の誕生日のために作ったもの。今年は友達をよんでのパーティーはしないことになったので、学校のランチ時のおやつにみんなで食べるようにと作ってやったものでした。

ついでになりますが、娘の誕生日の夕食に行った「MADONNA INN」というホテルのレストラン(というか、コーヒーショップ)で頼んだアイスティーには、こんなかわいいシュガースティックが付いてきました。
e0109834_3534953.jpg


このホテルは外観も部屋のデザインもアミューズメントパークのようにかなりユニーク。このコーヒーショップのゴブレットからして派手ですよね。そして、娘が頼んだケーキも派手でしたっ。
e0109834_35889.jpg
サイズもでかいっ!!



え~と、そしてですね・・・、このホテルは男性用トイレも有名でして、そちらも興味のある方はどうぞこちらをご覧くださいまし。さすがにこれは料理ブログにはちょっと不向きですのでね。



avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」 もどうぞよろしく。
にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
[PR]
# by avocadogohan | 2007-10-01 10:40 | デザート・お菓子
BBQチキンwith フレッシュサルサソース

アメリカ人ほどBBQ好きの国民はいないんじゃないでしょうかねぇ。
夏の間は必ずといっていいほど、週末ともなるとどこからかお肉を焼く香ばしいにおいがしてくるし、
祭日ともなれば国民こぞってBBQといっても大袈裟じゃないほど。
我が家の場合、今の家に越してきたときのお祝いにと、義父母からプロパンガス式のBBQグリルを
もらって以来BBQをする機会が増えました。
うちのバーベキューの定番はリブなんですが、いつもそれではさすがに飽きるので今回はチキンの
胸肉です。
チキンもバーベキューだと大概ドラムスティックや手羽なんですが、たまたまCOSTCOで買っていた
大量の胸肉があったので、それを消費することに。
胸肉は淡白なので、やっぱりあらかじめ下味をつけておいたほうがいいかなと、塩・胡椒、
ニンニクのすりおろし、パセリのみじん切り、レッドペッパー、パプリカ、オレンジジュース、
ブラウンシュガーなんてものを適当に揉みこんでおきました。

アメリカのBBQというと、男のテリトリーといった感があります。
バーベキューをするとなると買い物の段階からご主人が指揮をとるところが多いんじゃないかな。
ガス式でも炭火式でも、とにかく火を起こしてグリルを温めるのにもご主人の美学があって、
女は立ち入り禁止の聖域ですらあるようなオーラが感じられるのです。
その場に他にも男衆がいた場合、この男衆はホストの男性を取り囲むようにして自然とグリルの周りに集まってくるのも不思議です。ビール缶を片手に持ちながら、火の具合を見たり、焼き加減を見たりと、すっかりキャンプファイアーのようなノリ。

この日の我が家の場合も、ご多分に漏れず夫がチキンを焼いてくれました。
焼いてくれている間に、ふと思い立ってチキンに合わせるソースとしてサルサを作ることに。
トマトのざく切り、紫タマネギ、スウィートペッパー、ニンニク、シラントロのみじん切りなどを、塩・胡椒、一味唐辛子(本当はハラペーニョという唐辛子のみじん切りの方がよい)、レモン汁(これもライムを
使ったほうが風味がメキシカ~ン!となりますね)、ブラウンシュガー、サラダオイルで和えて
冷蔵庫でスタンバイ。
あ!!ズッキーニもあった!
斜め輪切りにして、急いでバーベキューのグリルの上に乗せました。
e0109834_1104291.jpg
食べ始めてから写真を撮ったので、盛り付けが少々乱れております。


スパイシーなチキンにサルサだったので、付け合せはあっさりとご飯にしました。
この日は夏の最後のダメ押しといった感じで日中は気温が上がっていたので、こういったスパイシーなものは食欲をそそります。
残ったチキンは、翌日身をほぐして輪切りのトマトやレタスとはさんでみんなのランチとなりました。




avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」 もどうぞよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 料理ブログへ にほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
[PR]
# by avocadogohan | 2007-09-24 09:02 | 肉料理
メキシカンオムレツ
我が家ではTacoはよく食卓に登るメニューです。
特に、暑くてあんまり料理に意欲が湧かないときとか、夕食の献立に困ったときとか、
私が夜に仕事でいないときとかに登場する、いわゆるお助けメニューですね。
カリフォルニアではメキシコ料理はもうすっかりアメリカンといってもいいくらい定着していますから、
タコシェルとかトルティーヤ、シーズニング、サルサ各種など、どこのスーパーでも手に入ります。

調理らしいことといったら、ひき肉をタコシーズニングと一緒に炒めることぐらいで、あとは最低でも
トマトとレタスのざく切り、チーズをシュレッド状にしたもの、サルサとサワークリームがあれば、
タコシェルやトルティーヤに乗っけて食べるだけです。
我が家では、このほかにアボカドやシラントロ、ライムあるいはレモン、リフライドビーンズ
(金時豆のような豆をマッシュして上にチーズを乗せてオーブンで温める)を添えます。
各自が好きなようにタコシェルやトルティーヤにそれらの材料を取って食べるというスタイルは、
どこか手巻き寿司にも似てますね。


夕食にタコを食べたら材料が必ず残ってしまうので(かなり大量に具を用意する家なのだ)、
翌朝はそんな残り物を使ったメキシカンオムレツやケッサディーヤ(トルティーヤ2枚でチーズと
具をはさんでオーブンで温めたもの)が朝食になることが多い我が家です。
(朝食の分までわざわざ多めに用意しているともいえる・・・)

e0109834_511168.jpg
サルサを上にかけ庭から採ってきたシラントロもたっぷりと


e0109834_521622.jpg
アップにしたけど中身がよくわかんないですね(苦笑)
ひき肉、トマト、レタス、チーズ、サワークリームが入っています。


個人的に具入りオムレツは大好き。
オムレツの具って、なんでも合うのが不思議。そういえば、これまた夕食の残りもの利用で、マーボー豆腐入りオムレツを作ったこともあったっけ。これも結構いけました。



avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」 もどうぞよろしく。
にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ
[PR]
# by avocadogohan | 2007-09-02 12:58 | 卵料理
Back to Schoolのおやつ

長かった夏休みもやっと終わり、8月27日から学校が始まりました!
このブログもなかなか更新する暇がなくずっとほったらかしでしたが、これからはまたぼちぼちと復活できればいいなと思っています。

アメリカは9月からが新学年度ですから、うちの子たちは、長女がハイスクール(9年生)へ、
次女がジュニアハイ(7年生)、長男は4年生へと進級しました。
日本にいたら、高校や中学へ入学ということで盛大に(?)お祝いもしたのでしょうが、
それほど特別なこともせずに初日を送り出しました。
アメリカでは卒業の方が盛大な気がします。

でもやっぱりそれじゃあ味気ないかなぁと、子供達が学校へ行った後、おやつを2種、
アップルヨーグルトケーキとバナナココアケーキを作っておきました。
なぜ2種類も作ったか・・・・?
まず、バナナの消費策としてココアケーキを思い立ったのですが、チョコ風味嫌いの次女のために
もう一品何か作らなきゃ・・・ということで、このヨーグルトケーキも作ったというわけです。
普通なら、2種類も作るなんて私には絶対考えられないのですが、中学・高校と新しいステップを
踏んだ娘達へのささやかなお祝いの気持ちということで・・・。

e0109834_138586.jpg



このアップルヨーグルトケーキのレシピは j-milk というサイトにあったものを参考にしました。
参考にしたレシピと違うのは、りんご2個のところを3個に(りんごが小さかったので)。
また、上からふりかけるグラニュー糖はブラウンシュガーにしてさらにシナモンも入れました。

e0109834_139201.jpg
ヨーグルトとりんごの甘酸っぱさがなかなかいい具合。


あ、そうそう、もうひとつのココアケーキは、ケーキというよりもブラウニーのような出来上がりでした。
これも超簡単にできるレシピなので、今度ご紹介します。


avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」 もどうぞよろしく。
にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
# by avocadogohan | 2007-08-28 09:29 | デザート・お菓子
あっと驚く、ウルトラ簡単二層ゼリー
すっかり更新が止まってました。
日付を見たらなんともう二週間以上もほったらかし。
7月に入ってからというもの、子供達のサマープログラムがいろいろと始まり、
その送り迎えだけでもすっかり時間を取られてしまっています。

先月のことになるのですが、LAに住んでいる友人ファミリー(dear-XOXOちゃんとt-macさんご夫婦)が、サンフランシスコへの旅の途中で我が家にわざわざ立ち寄ってくれました。
そのときにデザートで出してあげた二層ゼリーをいたく気に入ってくれて、
「是非レシピをお願いねぇ~~」と言われてもうすぐひと月近くが経とうとしています・・・・・(汗)。
写真を撮ってすっかりそのまま・・・というパターンが多いのよね、近頃。

というわけで・・・・

簡単二層ゼリー
e0109834_801425.jpg


夏にはゼリーっていいですよね。見た目も涼しげだし、後味もすっきりで上品な感じがします。
このゼリー、二層に分かれていて作るのが面倒くさそうに見えるでしょうけど、
なんたって、私が作るデザートですから、簡単このうえなしです。
材料を全部鍋で煮溶かして容器に流して冷やすだけ。
冷えるうちにゼリーの方で勝手に二層に分離してくださいます。
なんとお利巧で手のかからないデザートでしょうね。こんなレシピいいですよね~~♪

【材料】
・ゼラチン  2袋 (私はKnoxというメーカーの小袋を使いました。1袋が7gです。)
・ジュース  500cc (今回はざくろジュースですが、何でもいいんじゃないかと思います。)
・生クリーム  1箱(236ml)
・砂糖  100g
・フルーツ  なんでも結構 (この写真のはイチゴとマスカットを適当な大きさに切りました。)

【作り方】
①ゼラチンを大さじ4の水でふやかしておく。
②鍋に水100ccを入れ火にかける。
③材料を全部入れ、砂糖が溶けたら火からおろし型に流し入れて冷蔵庫で冷やす。

※小さい型に小分けして作る場合は、フルーツはゼリー液を型に流しいれた後、それぞれに体裁よく入れます。

avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」 もどうぞよろしく。
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
# by avocadogohan | 2007-07-21 07:40 | デザート・お菓子
たまには貝も食べたくて・・・
私の住んでいる町にはスーパーが4軒あって、去年引っ越してきたときには、あっちの店、こっちの店とその日の気分で選んでいましたが、そのうちいつも買い物をする店は次第に決まってくるものですね。
同じ店の方が、どこに何があるかとかも把握しているのでスムーズに回れるし。

でも、たま~に、いつもは行かない店にも足を踏み入れてみると、珍しい食品やお買い得なものを見つけたりもして、それもまた楽しいものです。
先日、日頃全く足を運ばないSpencer'sというストアに、近くに用事があったついでに入ってみました。
この店は、おそらくこのセントラル・コーストだけで展開しているスーパーだと思います。
引越し当初に何度か行ったとき、お値段がちょっと高いかな・・・という感じがしたので、それ以来この節約主婦は足が遠のいてしまったのです。

この日、これといって買い物の必要はなかったのですが、シーフードコーナーでニュージーランド産の
Greenshell Mussels(冷凍もんですけど)を見つけたものですから、思わず買ってしまいました。
値段も5ドルちょっとで安かったし。
e0109834_1217270.jpg


Greenshell Mussels、日本語ではなんだろう?ムール貝とは違うし、緑カラス貝?
ま、グリーンシェル・マッソルでいいか。

この冷凍物は、ハーフ・シェルで入っていたので、オーブン料理をすることにしました。
これが生のフル・シェルのものだったら、ボイルするだけでもご馳走になるんですけど、
貝が片方しか付いてなきゃボイルはちょっとね・・・。
e0109834_12175734.jpg

にんにく、パセリのみじん切り、パン粉とパルメザンチーズを乗せてオーブンで焼きました。
塩も胡椒もせず、オリーブオイルをたらりとたらし、アクセントにパプリカをちょちょっと振ってそれだけ。
日本のおかみさん料理の多い我が家ですが、これはいつもと違って少し洒落た一品となりました。

グリーンシェル・マッソル、実はTrader Joe'sでも見つけました。
ここのはフル・シェルで、水に入った冷蔵もの。(日本であさりが売られているような、あんな感じ)
これは先月末に行ったキャンプで義弟ファミリーとともに頂きました。
キャンプファイアーのグリルでそのまま焼いて、貝から出たお汁もじゅじゅ~とすすってごちそうさま♪
e0109834_12251387.jpg



avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」 もどうぞよろしく。
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
# by avocadogohan | 2007-07-03 19:48 | シーフード料理
ワイルドライスのサラダ

e0109834_947253.jpg


写真は撮っても、ブログの更新が全く追いついていない近頃。
今回のワイルドライスのサラダもいつ作ったんだったか・・・。

ご飯をサラダに入れるのを初めて見たのはもう20年近く前のこと。
大好きなこぐれひでこさんの絵で綴られた『まあるいごはん』 (流行通信社発行)というお料理の本の中に「ごはんサラダ」というのがありました。
ご飯をサラダに入れるなんてかなり斬新で、当時一人暮らしをしていた私は、冷ごはんがあるときにはよく作ったものです。
e0109834_9375936.jpg

e0109834_9373413.jpg
奥付を確認したら、1987年発行の初版本でした



日本に住んでいたときには、米といったら白米しか使っていなかったけれど、アメリカに来てからは、
ワイルドライスも時々使うようになりました。
今回のは、ポークの付け合せにワイルドライスを炊いた残りを、翌日にサラダに入れたもの。
白米だとドレッシングを吸って柔らかくなってしまうけれど、ワイルドライスならぷちぷち・もちもちとした食感はサラダの中でもしっかり残ります。
食べるちょっと前にドレッシングと合わせて冷蔵庫で冷やしておいた方が、味も馴染んでおいしいです。

ドレッシングは、バルサミコビネガー、酢、オリーブオイル、塩、ブラックペッパー、砂糖、パセリのみじん切りを適当に合わせてみました。
ちなみに、こぐれひでこさんのレシピはこれと異なります。




avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」 もどうぞよろしく。
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
# by avocadogohan | 2007-06-30 12:43 | サラダ
父の日の朝食 ホットビスケット&グレイビー
6月17日は父の日でしたね。
この日の我が家の朝食は、夫の好みを最優先ということで、こんなアメリカ~~ンなものを作りました。

レストランの朝食メニューには必ずあるビスケット&グレイビー
e0109834_8252033.jpg

うわぁ~~っ! 朝からこんなこってりソースをかけた食事なの?と写真を見て気持ち悪くなる方もいらっしゃるでしょうね(苦笑)。
グレイビーソースはアメリカ料理には欠かせないもののひとつじゃないかなと思います。マッシュポテトやポークチョップには必ずといっていいほどこのソースが添えられます。
夕食にグレイビーを作ったことはよくあるけれど、朝食には初めてでした。朝からソースを作るということ自体、ちょっと億劫ですからねぇ。
しかし今日は父の日。スペシャルということでビスケットまで手作りですよ~!
e0109834_829717.jpg

塩味がほんのりして私はソース無しでもいいくらいでしたが、グレイビー大好きな夫と子供達はたっぷりかけて大満足のようでした。



ホットビスケット

【材料】
・小麦粉  400g
・ベーキングパウダー  大さじ2
・砂糖  大さじ6
・塩  小さじ2/3
・バター(あれば無塩)  150g
・豆乳(牛乳でもいい)  150cc

【作り方】
①粉類、砂糖、塩をボウルに合わせておく。オーブンは200℃にセット。
②冷蔵庫から出したばかりのバターを1cm角に切って①に混ぜ、指先でもみほぐしながらアズキほどの大きさにする。
③豆乳を2~3回くらいに分けて加える。一回入れるごとにゴムベラで切るように混ぜる。
④粉がまとまるようになってきたら、外側から折りたたむようにして生地をまとめる。
粉っぽさが残っても大丈夫。
⑤オーブンシートを敷いた天板に乗せ、打ち粉をふり、厚さが均一になるように伸ばす。
⑥スケッパーあるいはナイフで8等分に切り分ける。
⑦生地と生地との間を離して天板に置く。
⑧200℃に熱したオーブンで約15分焼く。
全体にうっすらと焼き色がついたら出来上がり。


グレイビーソース

ホワイトソースを作る要領と全く同じです。
分量はいつも適当なのではっきりしないんです・・・・。ごめんなさい。
【材料】
・小麦粉
・バター(またはベーコンや肉を焼いた後のオイル)
・液状ビーフブロス(顆粒や固形のビーフコンソメの素を水で溶いたものでもOK)

【作り方】
①弱火でバター(あるいは肉から出た油分)を熱し、小麦粉を少しずつ入れて木べらで混ぜる。
②固形状になったらビーフブロスを少しずつ加えながら混ぜてとろりとしたソースにする。
③味を見て、適当に塩を加える。




avocadogohanのアメリカ生活ブログ『SLOな日々』もどうぞよろしく。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
# by avocadogohan | 2007-06-18 16:21 | パン
ジョーさんの豆腐
"TRADER JOE SAN" って、書いてあるんですよ。TRADER JOE’Sの豆腐のパッケージ。
e0109834_8204788.jpg

日本の食材だから「さん」を付けたんでしょうね(笑)。

豆腐はアメリカでも随分市民権を得ていて、どこのスーパーでも売られています。
ベジタリアンの食材としても需要が高いのでしょう。

近場にTRADER JOE’Sがオープンしてからというもの、豆腐はここで買うようになりました。
99セントという低価格がなんといっても魅力だし、おまけにオーガニックときているのです。
TRADER JOE’Sはオーガニック製品が多いというのが嬉しいですね。

TRADER JOE’Sの製品はオリジナルがほとんどなので、一般的なストアとは全く違う品揃え。
ジュースもチップスもシリアルも、珍しいものがたくさんあって見ているだけでも楽しくなります。
今後もTRADER JOE’SのMYお薦めの珍しい商品を時々紹介していこうと思います。
(決して回し者ではないんですけど・・・<笑)


この日、この豆腐で作った料理は・・・・
e0109834_8201815.jpg

豆腐のステーキのくるみソースがけ。
うちの豆腐ステーキにはポン酢というのが定番ですが、この日はくるみソースを作ってみました。
すり鉢で胡桃をペースト状になるまですって、砂糖、醤油、酢、みりん、塩少々で味をつけ、ペーストを緩めるために豆乳を足しました。
クリーミーでなかなかおいしかったですよ。
ここに山椒の葉っぱでもあるともっとよかったですけどねぇ・・・。




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ
にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
# by avocadogohan | 2007-06-14 15:42 | 豆・豆腐料理