<   2008年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧
洋梨とピーナッツバターのサンドウィッチ
ピーナッツバターといえば、アメリカを代表する食品のベスト5に入るかもしれません。
ピーナッツバター&ジェリー(ジャム)サンドウィッチは、子供が学校へ持っていくサンドウィッチの
最もポピュラーなものです。
我が家の子供達ももちろんですが、夫もこのピーナッツバターが大好きでして、
うちではコストコのビッグサイズのものを常備しています。
私はといえば、実はここ1年くらいの間に好きになりました。それ以前も、嫌いではなかったけれど、
特別食べたいと思うものでもなかったんですね。
仕事を始めてからというもの、自分の朝食や昼食は残り物なんかでささっと済ませることがほとんど。
とはいえ、作らなければなーんにもない日というのもちろんもあって、そんなときに手軽な
ピーナッツバターのサンドウィッチが登場する機会が増えたのです。
トーストしたパンにピーナッツバターを塗るだけでもいいんだけど、洋梨のスライスをはさむと
これが妙においしい。
ピーナッツバターとバナナというパターンもあって、こちらは昔夫に教えてもらったもの。
これはこれでおいしいのですが、洋梨とのコンビの方が甘すぎずに私好みかな。
実はりんごも試してみました(笑)。
味はいいんだけど、りんごのシャキシャキした食感が自己主張しすぎかな・・・という感じ。
バナナや洋梨の柔らかめのものの方が、ピーナッツバターとまったりとからんで
しっくりいくような気がします。
ま、結局は好みの問題でしょうけどね(笑)。
あ!!案外マンゴーやプラム、ピーチも合うかも!

e0109834_8381597.jpg


この洋梨&PB、子供達にも好評。
バナナ&PBも大好きなんですが、これをランチ用に持たせると、お昼までにはバナナが茶色く
変色してしまいます。洋梨だとさほど変色もせず、バナナのようにべちゃっともならないので、
子供達からも合格点が出されました。
ちなみに、パンはそのままよりも軽くトーストしたほうがおいしいと思います♪

ピーナッツバターのサンドウィッチといえば・・・・・・
[PR]
by avocadogohan | 2008-01-16 16:42 | パン
オレンジ・スナッパー
アメリカで生活するようになって、魚介類が食卓に上ることがめっきり減ってしまいました。
カリフォルニアは海沿いだから、シーフードもふんだんにありそうな気がするんですけど、
高級グルメじゃない(ここがミソ!)一般的なスーパーに並んでいるシーフードは、サーモン、ハリバット(ヒラメ)、レインボートラウト(ニジマス)、キャットフィッシュ(ナマズ)、レッドスナッパー(タイの一種)、エビ・・・なんてのが一般的で、たまーにコッド(タラ)とかツナとか。
なんか、食べたーいと思わせてくれる魚があんまりないんですよねぇ~。
活きのいい刺身なんて贅沢なことは言わないけれど、日本人としては、やっぱりアジやイワシにブリにサバとかですねぇ、イカにタコなんてものも食べたいもんです。

それでもやっぱり肉続きの食事だと食傷気味になるので、新鮮できれいなフィレを見つけたときには買ってみます。私が買う魚はサーモンやレッドスナッパー、ティラピアってのが多いかな。
たまの魚料理、塩だけで焼いて、ごはんに味噌汁、野菜の副菜なんていう和風になりがちです。
結局これが一番おいしかったりするんですが、時にはこんな違った味も・・・。


オレンジ・スナッパー (レッドスナッパーのオレンジソースかけ)
e0109834_2141051.jpg


レッドスナッパーはタイの一種なんですが、日本の鯛に比べたらぷりぷり感は劣るかな。
でも、白身の魚はどんな料理でも合うので使いやすいですね。
このオレンジソースは、みじん切りのにんにくとタマネギをバターで炒め、オレンジのピールと絞ったジュースを加え、塩コショウで味をつけ仕上げにパセリのみじん切りを混ぜたもの。
魚は薄く塩コショウをして表面がきつね色になるくらいにソテーし、ソースを調理しているフライパンに入れて少し一緒に煮詰めました。
淡白な白身魚にオレンジ風味が爽やかです。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村 料理ブログへ

avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」 もどうぞよろしく。
[PR]
by avocadogohan | 2008-01-11 08:50 | シーフード料理
クルーミ・チーズ
なんて、変なネーミングになりましたね(笑)。
e0109834_55549100.jpg
この写真のは自宅用に少し取っておいたものなので少々不恰好(笑)


ちなみに、参考にしたレシピの中では、"Nut Cream Cheese Log"って書いてありました。
チーズの丸太ん棒ですね。

一日の午後、近所の方からニューイヤーズパティーによばれ、そのときに急遽作って持っていった
アペタイザーです。
レシピでは、クリームチーズ、パルメザンチーズ、ペカンナッツ、パセリを混ぜて丸太状にする
というものでしたが、ペカンがなかったので代わりにクルミを、パセリの代わりにネギ、
そして更にちょっとアクセントがほしかったのでブラックペッパーを足しました。
この手のアペタイザー、すごく簡単なのに見た目はグルメっぽいので、急なパーティー用には
かなりいいですね。


Nut Cream Cheese Log

【材料】
・クリームチーズ     1パック(室温)
・パルメザンチーズ    1/2カップ
・パセリやネギのみじん切り   適宜
・ナッツ(みじん切り)       ペカン、クルミやアーモンドなどお好みでいいと思います
                     :混ぜる分と外側にまぶす分を用意
・ブラックペッパー     適宜

【作り方】
①室温に戻したクリームチーズに他の材料を全部混ぜる。
②ラップで巻きながら丸太状に成形する。
③ラップを開き、ナッツをチーズの外側にまぶしていく。
④ラップで再び包み、時間があれば冷蔵庫で1時間くらい冷やす。
時間のないときには冷凍庫で急冷。
⑤クラッカーを添えてどうぞ。

 注記:クルミは細かく刻んで、風味を増すためにフライパンで少しローストしています。


今度作るときには、ハーブ類、赤や黄色のスウィートペッパーのみじん切りなんかを入れてみようかと思っています。
辛いのがお好きな方は、ハラペーニョのみじん切りを入れてもいいかもしれませんね。




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村 料理ブログへ

avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」もどうぞよろしく。
[PR]
by avocadogohan | 2008-01-03 12:50 | アペタイザー
2008年1月1日
新年明けましておめでとうございます!


なんだかあっという間に2008年ですね~!
日本の皆様、諸外国にお暮らしの皆様、それぞれ幸せな気持ちで新年を迎えられたでしょうか。
このブログも、考えてみたら2007年の1月からスタートしたんでした。
あんまり頻繁に更新できてませんでしたが(汗)、今年も健康な食生活を送るための励みになるように、このブログを綴っていきたいと思います。

さて、新年といえばおせち。
アメリカの田舎暮らしをしていると、おせちもなかなか材料が揃いませんが、それでも日本のお正月らしさを演出するために、また、子供達にこういう文化を受け継いでもらうために、今年も何とかそれっぽい「なんちゃっておせち」ができました。

e0109834_10374959.jpg
お重に詰めると、それらしい雰囲気を醸し出してくれるのがなんともありがたいですな、ははは~。


自分でおせちを作ると、子供のころの暮れや正月の情景が毎年いつも懐かしく思い出されます。
暮れが押し迫ってくる師走の27日ごろから、正月の準備で家の中はだんだんと忙しくなっていったものです。
我が家では杵や臼での餅つきこそしなかったけれど、大きな餅つき機を使って鏡餅や小さな丸餅、切り餅用に大きなバットに平たく伸された餅などを、母はひっきりなしに作っていました。
そして、塩抜きのために水に入れられた数の子が冷蔵庫に納まっていたり、庭には漬物用の白菜がずらりと日に干されていたりと、日に日に正月用の食材が台所や土間などに姿を見せ始め、暮れの慌しさに伴ってお正月へのわくわくした気持ちも高まっていったものでした。

私の父は長男だったので、盆正月には父の弟・妹達がそれぞれの家族を連れてやって来るのが決まりのようになっており、母は毎年大量に料理を用意していました。
大晦日は料理の仕上げ日とも言える大忙しの日で、そんな中でも年越しの蕎麦打ちまで自分でやっていた母。今更ながら頭が下がる思いです。
元旦の朝、私が起き出すころには、母はもうすっかり着物に着替えて白い割烹着を羽織って雑煮の準備をしていたっけ。
それに比べると私は、御節の品数も量も比べ物にならないくらい少ないのに、いまだに要領を得ずに時間ばかり食ってしまいます。
そんな「なんちゃっておせち」だけれど、子供達にとってはやっぱりなんだか特別のようなので、面倒くさいんだけど、出来るうちは続けていこうと思った2008年の元旦の朝でした。




avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」 もどうぞよろしく。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村 料理ブログへ

[PR]
by avocadogohan | 2008-01-01 17:28 | 季節や行事の食事