<   2007年 12月 ( 2 )   > この月の画像一覧
イソフラボンさま!

ずっと前に、まだサザンカリフォルニアに住んでいたころのブログ「裏庭の木陰から」で書いた記事とダブるような内容になってしまいますが、今更ながら豆乳のすごさに感動しています。

夏の間ずっと遠のいていた豆乳を、寒くなってきてからまた再開しました。
というのも、冷たいまんまではどうも飲みにくいんで、温めてココアを混ぜて飲むのが私流なんですけど、ここいらの夏はばかみたいに暑いので、さすがに熱い豆乳ココアは飲みづらくてずっと飲んでなかったんです。
しかしですね、飲み始めてみると、「やっぱり豆乳って体にいいわ!」ということが顕著に感じられるんです。
まず何と言っても、手のがさがさが和らぐ!
ほんとに驚くべきことなんだけど、豆乳を飲み始めて2、3日で、手のひらの、特に指先の皮膚がまずすべすべになるんですよ。それから手のひら、手の甲ときて、そういえば、いつも乾燥しすぎて痒かった足や体もいつのまにかなんともなくなっている!!
これは個人差もあるのかもしれないけれど、私の場合、いつもこのパターンです。
大豆に含まれるイソフラボンは、日本でも話題になってもう久しいですよね。
イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをするんでしたかね?
そして、聞くところによると、このイソ様は、女性ホルモンのバランスをうまく操作してくれるとか。
ホルモンの分泌を多すぎず少なすぎず、ちょうどいい状態に保ってくれるらしい。
女性、特に30代後半からの女性にはつよーい味方のイソ様です。
なんといっても、日本人にとっては、大豆って切っても切れない血や肉のようなものだろうから、大豆製品を欠かさず摂ることは必要なのかもしれません。

私も年明けたらすぐに44(!!)。
ホルモンのバランスもかなり変化してきているのが自分でも分かるし、更年期へもまっしぐらです。
食生活を日頃かなり気をつけているつもりでも、ここはやはりアメリカ。日本人には欠けている栄養素もかなりあるわけで、豆乳はそんな私の強い相棒になってくれそうです。

海外に住む日本人の女性の皆さん、大豆製品、おすすめですよぉ~♪
[PR]
by avocadogohan | 2007-12-16 20:37 | その他
洋梨とクランベリーのケーキ

最近更新が滞っております・・・・。
あぁ~っ!今年も残すところあとわずかですね。12月は本当に忙しいし気ぜわしい!!
食事も最近cha-cha-cha状態が多く、写真を撮ってる暇もない、というよりそういうことを考えている余裕がない、と言ったほうが正しいかな。
それになんといっても、ブログに載せるほどのものも作ってないし・・・。マンネリの日々・・・。

とはいいつつ、おやつはよく作るんですよ。これも節約生活の賜物ですけどね。
サンクスギビングで作ったクランベリーソース、たくさん余っていました。
クランベリーの赤はとってもきれいな色なので、ターキー用のソースだけではなく、いろいろ使い道がありそうだと、2種類のソースをたんまりと作っておいたんです。
パンケーキに入れて焼いたら子供達から好評だったんで、こんなケーキを作ってみました。

簡単なスポンジケーキの種にクランベリーソースをさっくりと混ぜ、タルト型に流し込み、
上に洋梨のスライスを並べてブラウンシュガーとシナモンをふりかけて焼きます。
e0109834_258856.jpg
分かりづらいんですけど、クランベリーが底の方に入ってます


洋梨から染み出るジュースがスポンジケーキをしっとりとさせるので、膨らまずにタルトのようになりました。冷やして食べてもおいしかったですよ。
個人的にはもうちょっと酸味があったほうがいいかなと感じたので、次回作るときにはサワークリームを混ぜ込むか、レモン汁をたっぷり入れてみるといいかも。



洋梨とクランベリーのケーキ

【材料】
*スポンジケーキとして
 ・サラダ油      50cc
 ・砂糖         80g
 ・卵          2個
 ・塩          小さじ1/2
 ・レモン汁      大さじ1
 ・小麦粉       120g
 ・ベーキングパウダー   小さじ1
 ・豆乳         50cc
 ・クランベリーソース  適宜

*トッピングとして
 ・洋梨(スライス)  1個分
 ・シナモン       適宜
 ・ブラウンシュガー  適宜

【作り方】
①ボウルにサラダ油、砂糖、卵を入れてハンドミキサーでよく混ぜる。
②小麦粉とベーキングパウダーはあらかじめ混ぜておき、①に入れ、クランベリーソース以外のほかの材料も加えてよく混ぜる。
③よく混ざったら、クランベリーソースを加えてさっくりと混ぜる。
あまり混ぜすぎると色が全体に染み渡ります。
④型に流し込み、スライスした洋梨を放射状にきれいに並べ、シナモンとブラウンシュガーも振り掛ける。
⑤350°F(180℃くらい)のオーブンで30分ほど焼く。


クランベリーソースがなければ、イチゴのコンポートでもいいし、レーズンでもいいと思います。
洋梨も、りんごやパイナップル、マンゴーなんかでもいいんじゃないかな。
お試しください~♪



にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ

avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」 もどうぞよろしく。
[PR]
by avocadogohan | 2007-12-12 09:40 | デザート・お菓子