サンクスギビングのクランベリー・ブロンディーズ

明日11月22日はいよいよサンクスギビング。
アメリカではクリスマスももちろん重要ですが、アメリカ大陸入植時代の名残を残すこのサンクスギビングも、クリスマスと並んでとても大事な祭日です。

サンクスギビングは家族が集まってとにかくご馳走を食べる、食べる!
七面鳥の丸焼きをメインに、いろんな料理やデザート類が食卓にずらりと並びます。
これもそのサンクスギビング用に焼いてみました。
e0109834_17182558.jpg
生のクランベリーがご~ろごろ

e0109834_17152493.jpg

「Cranberry Blondies」。かわいい名前です。クランベリーはドライとフレッシュなもの両方使っています。赤い色がとっても鮮やかで嬉しくなりますね。
レシピは手元にある雑誌に載っていたもの。作り方などは後日アップします。

e0109834_17173310.jpg
段重ねにすると何だか迫力です・・・


***************************************


え~、日付は変わりまして、ただいまサンクスギビング当日です(笑)。
今現在、オーブンにはターキーが丸々納まっていて、家中いい匂い♪
パンプキンパイもクランベリーソースも作ったし、月曜日に作っておいたパンも冷凍庫から出してあるし、後はサラダや野菜ディッシュにマッシュポテトを作るだけ。あ、何かアペタイザーもちょこっと用意しないとね。
やっと手が空いたので、クランベリー・ブロンディーズのレシピをアップしておきますね。


Cranberry Blondies

【材料】
・バター(室温) 1/2 カップ  
・砂糖 1/2 カップ  
・ブラウンシュガー 1/2 カップ
   (この砂糖はふわっとしているので、ぎゅっと押し付けて計量しましょう)
・ベーキングパウダー 3/4 tsp   
・ベーキングソーダ 1/4 tsp   
・塩 1/4tsp   
・卵 2個       
・バニラ 1tsp     
・小麦粉 1カップ
・ドライクランベリー 1/2カップ
・刻みホワイトチョコレート 1/2カップ
・クランベリー(生) 1カップ

【作り方】
① オーブンを350°F(180℃くらい)に温め、20cm×30cmくらいのバットにホイルを敷いてスプレーオイルを吹きかける。
② バターをハンドミキサーで柔らかくなるまで混ぜる。
③ 更に砂糖2種、ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、塩を混ぜる。
④ 卵とバニラを加え更によく混ぜる。
⑤ 小麦粉も加えて、粉が飛び散らないように低速で混ぜる。
⑥ ⑤の中に、ドライクランベリーとホワイトチョコレートを加え、バットの中に均等に流しいれる。
⑦ 生のクランベリーをトッピングに散らし、軽く押し付けるようにして少し生地の中に沈める。
⑧ オーブンで25分から30分焼く。
⑨ 焼きあがったら、1時間くらいワイヤーラックの上で冷まし、ホイルを取って切り分ける。


これを作ったとき、実はブラウンシュガーを入れるのを忘れたんです。このレシピどおりだったら、もう少し茶色くなるはずです。
ブラウンシュガーを入れ忘れても十分おいしかったですけどね♪

☆レシピは、定期購読しているBetter Homes and Gardensという雑誌からのものです。




にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ

avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」 もどうぞよろしく。
[PR]
by avocadogohan | 2007-11-21 22:13 | デザート・お菓子


<< サンクスギビング2007 これなーんだ? >>