父の日の朝食 ホットビスケット&グレイビー
6月17日は父の日でしたね。
この日の我が家の朝食は、夫の好みを最優先ということで、こんなアメリカ~~ンなものを作りました。

レストランの朝食メニューには必ずあるビスケット&グレイビー
e0109834_8252033.jpg

うわぁ~~っ! 朝からこんなこってりソースをかけた食事なの?と写真を見て気持ち悪くなる方もいらっしゃるでしょうね(苦笑)。
グレイビーソースはアメリカ料理には欠かせないもののひとつじゃないかなと思います。マッシュポテトやポークチョップには必ずといっていいほどこのソースが添えられます。
夕食にグレイビーを作ったことはよくあるけれど、朝食には初めてでした。朝からソースを作るということ自体、ちょっと億劫ですからねぇ。
しかし今日は父の日。スペシャルということでビスケットまで手作りですよ~!
e0109834_829717.jpg

塩味がほんのりして私はソース無しでもいいくらいでしたが、グレイビー大好きな夫と子供達はたっぷりかけて大満足のようでした。



ホットビスケット

【材料】
・小麦粉  400g
・ベーキングパウダー  大さじ2
・砂糖  大さじ6
・塩  小さじ2/3
・バター(あれば無塩)  150g
・豆乳(牛乳でもいい)  150cc

【作り方】
①粉類、砂糖、塩をボウルに合わせておく。オーブンは200℃にセット。
②冷蔵庫から出したばかりのバターを1cm角に切って①に混ぜ、指先でもみほぐしながらアズキほどの大きさにする。
③豆乳を2~3回くらいに分けて加える。一回入れるごとにゴムベラで切るように混ぜる。
④粉がまとまるようになってきたら、外側から折りたたむようにして生地をまとめる。
粉っぽさが残っても大丈夫。
⑤オーブンシートを敷いた天板に乗せ、打ち粉をふり、厚さが均一になるように伸ばす。
⑥スケッパーあるいはナイフで8等分に切り分ける。
⑦生地と生地との間を離して天板に置く。
⑧200℃に熱したオーブンで約15分焼く。
全体にうっすらと焼き色がついたら出来上がり。


グレイビーソース

ホワイトソースを作る要領と全く同じです。
分量はいつも適当なのではっきりしないんです・・・・。ごめんなさい。
【材料】
・小麦粉
・バター(またはベーコンや肉を焼いた後のオイル)
・液状ビーフブロス(顆粒や固形のビーフコンソメの素を水で溶いたものでもOK)

【作り方】
①弱火でバター(あるいは肉から出た油分)を熱し、小麦粉を少しずつ入れて木べらで混ぜる。
②固形状になったらビーフブロスを少しずつ加えながら混ぜてとろりとしたソースにする。
③味を見て、適当に塩を加える。




avocadogohanのアメリカ生活ブログ『SLOな日々』もどうぞよろしく。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へ にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by avocadogohan | 2007-06-18 16:21 | パン


<< ワイルドライスのサラダ ジョーさんの豆腐 >>