スリープ・オーバーのピザ
先週の金曜日に、次女の友達がスリープオーバーで我が家に泊まりにきました。
アメリカでは、友達の家に泊まりに行ったり、泊まりに来たりというのをスリープ・オーバーといって、
週末にはよくあることです。
あんまり頻繁にあるとさすがに嫌になりますけどねぇ(苦笑)。

今回は初めて泊まりにくる子で、どんなものが好きかがわからなかったので、誰にでも好まれるピザを焼くことにしました。
生地を捏ねて発酵まではホームベーカリーが・・・という予定だったのに、
機械の調子がおかしくなってきて、結局途中から自分で捏ねなきゃいけないというハプニングが!!
ピザ生地だから、捏ね方や発酵が不十分でもそんなに失敗はないので気楽は気楽でしたけどね。
そういえばこのホームベーカリーも、4,5年ほど前に義母がボランティアをしていたThrift Storeで
新品のものを7ドルで購入したものでした。
今度は設定のもっと細かなホームベーカリーを買うぞー!

家族だけなら、生地の中にすりおろしたニンジンやみじん切りのほうれん草などを混ぜ込むんですが、この日はできるだけリスクは避けてふつうの小麦粉の生地で。
一人分ずつSサイズくらいの大きさに成形し、それぞれが好きなトッピングを乗せて焼くことにしました。
いろいろと用意したにもかかわらず、子供達は全員ペパロニピザ。
まったく、おもしろくもなんともない・・・。

e0109834_995587.jpg
夫と私のピザのひとつ。



ピザ生地(2パウンド分)
・ぬるま湯 1と1/2カップ
・オリーブオイル 大さじ2
・塩 小さじ2
・小麦粉 4と1/4カップ
・砂糖 小さじ2
・イースト菌 小さじ2

トッピング
お好みでどうぞ。 この日の夫と私用のピザには、
トマト、ほうれん草、マッシュルーム、スウィートペッパー、
ガーリック、オニオン、バジルのペストソースなどだったと思います。


ホームベーカリーのない方や、ピザ生地設定のない方は上記の生地材料をしっかり捏ねて、
1.5倍から2倍くらいに膨らむまで発酵させましょう。

丸く成形させたら、フォークで全体に空気穴をつくってピザソースをのばします。
私はいつもトマトペーストをオリーブオイルでほんの少しゆるくして使っています。
イタリアンハーブ入りのトマトペーストならもっといいですよ。
ソースを塗った上に、バジルやオレガノなどの乾燥ハーブ(あるいはイタリアンハーブミックス)を
ふりかけ、チーズ、トッピング各種を乗せ、更にもう少しオリーブオイルを少し回しかけて焼きます。
自分で作るピザは、トッピングが楽しめるのと、生地を薄くできるのがなんといっても魅力です。
アメリカのデリバリーピザはパンのように分厚いのが多くて、どうも苦手なんですよね。
個人的には、薄くてちょっとクリスピーなのが好きだなぁ。




にほんブログ村 料理ブログへ
[PR]
by avocadogohan | 2007-03-13 17:07


<< チキンバーグのひじきソースがけ 大豆のトリプルパワーだ!! カ... >>