キウィ入りYam芋ケーキ 【キウィシリーズ・第三弾】
不思議なおいしさのキウィクッキーを作ってからというもの、キウィ入りのお菓子を
他にもあれこれと考えていた矢先、はるちゃんさんのブログで鮮やかな紫芋のケーキ
アップされていました。
「おっ、これはいけるかも!?」
と、妙にやる気が出てきまして、紫芋はないけれど、オレンジ色をしたYAM芋を
代わりに使って作ってみることにしました。
e0109834_4582258.jpg


とはいえ、キウィを入れるのが前提だったのと、YAM芋がかなり水分が多いことを考えて、
紫芋ケーキのレシピをちょこっと自分なりにアレンジ。
小麦粉をちょっと多めに入れて、さらにサワークリームも足してみました。
実を言うと、使いさしのがあったので早く処理してしまいたかったんですね(苦笑)。

出来あがりは・・・、サワークリームを入れたせいか、しっとり&どっしりで、
ほんのりチーズケーキのような風味もあり、それがまたキウィの甘酸っぱさといい相性です。
レーズンも入れたので、その甘さもこれまたいい具合のハーモニーを奏でてくれました。
はるちゃんさんのレシピにあったココナッツと、型の底に敷くエゴマは持っていなかったので、
その代わりにスパイス類でアクセントを付け、スライスアーモンドを底に敷きました。
エゴマはアメリカじゃ入手困難だろうけど、ココナッツは次回に入れて焼いてみようと思います。
紫芋のケーキでは、ふわふわとした食感が楽しめそうだったんですが、
このサワークリームのせいでなんだかすっかり別物になってしまいましたね・・・(汗)。

基本となったはるちゃんのレシピ、私が特に気に入ったのは、バターを室温に戻したり、
クリーム状になるまで必死に混ぜたりしなくてもいいと言うこと!
お菓子作りの手順では、このバターの扱い方が結構肝心かなめだったりして、
そのせいで失敗した経験のある方も多いんじゃないかなぁ。
私なんか、レシピの中で「バターを室温に戻す」という文章を見ただけで「やーめたっ!」と、
簡単に諦めたことが何度あったことか・・・。
ちゃんと計量しなきゃいけないお菓子作りはどうも面倒くさい私が、突然思い立って
何かを作ろうと思っても、そういう手順があるとすっかりやる気がなくなるんですよね~。

今回のキウィは、クッキーのときと同様に実の形を残したかったので、
輪切りを四分割という大きさで生地に生のまま混ぜ込みました。
出来上がったら、キウィの緑はそのままきれいに残っていて、とてもいい色合いとなりました。
はるちゃんさん、勝手にいろいろ変更加えてごめんなさい~!
e0109834_4561264.jpg
キウィのグリーンが見えますか?


にほんブログ村 料理ブログへ

作り方は下の☆レシピ☆をクリックしてください。




キウィ入りYAM芋ケーキ -はるちゃんのレシピを参考に-

【材料】
・小麦粉 カップ1と1/2
・ベーキングパウダー 小さじ3
・YAM芋 150g
・キウィ 3個くらい
・レーズン カップ1/2
・砂糖 カップ1
・バター 100g
・サワークリーム カップ1/2
・卵 1個
・レモン汁 適宜
・スライスアーモンド 型の底に敷きつめるほど
・シナモン&ナツメグ 適宜

【作り方】
1、YAM芋をゆっくり茹でる。キウィは縦4等分に切って更にスライスしておく。
2、柔らかくなったお芋を荒く潰し、バター、砂糖、溶いた卵を混ぜ合わせる。
 レモン汁少々とスパイス類、レーズン、キウィを加えておく。
3、ベーキングパウダーと小麦粉を合わせ2に少しずつ混ぜながら加えていく。
4、金属製のパウンド型の内側にスプレーオイルを吹きつけ、底辺に隙間無くスライスアーモンドを敷き詰める。
5、生地を4に入れて表面をならしておく。
6、180度に予熱したオーブンで35分~40分位じっくり焼く。
[PR]
by avocadogohan | 2007-02-12 12:36 | デザート・お菓子


<< ズッキーニのマリネ 我が家のcha-cha-chaごはん >>