またもやお知らせ
ひぇ~~っ!
ものすごいほったらかしのブログですねこれ・・・って、ひとごとじゃないぞ。
今年も残すところあとひと月とちょっと。
今年はねー、忙しかったんですよ。子供達のことはもちろんのこと、自分の事でもいろいろと。
それに、今年の3月から5月いっぱいにかけて日本から母が来ていて、帰国するときにはその付き添いで私も日本へちょこっと里帰りもさせてもらったり・・・・。
2007年は最悪の年だったんですけど、その代わり、今年はいい意味で忙しく充実した一年でした。
忙しかったせいで、このブログもすっかり放置状態になってました。それになんといっても、忙しい日常の中では、わざわざブログに載せるような目新しい一品に挑戦する機会が激減しましてね(苦笑)。
もうずっとマンネリ食生活の日々でしたのよ。
たまに気合入れて何か作っても、写真を撮るのを忘れていたり、撮ってもブログ更新する気力がなかったり・・・・・。

私のもうひとつのブログ「SLOな日々」も同様に放置状態が続いていて、つい最近ちらほらと記事再開致しました。
そんでもって、お知らせなんですが、この食ブログ、とりあえずここで停止とします。
当分は、従来どおり「SLOな日々」ひとつで運営していこうかと。
食関係を別個にしたほうがまとまってていいな、という考えからスタートしたこの「おいしく暮らそう」ですけど、二つを管理するのが難しくなってきたので(はっきりいってログインとか面倒くさい>苦笑)、
もうすっぱりとひとつに絞ります~!

ですから、食関係の話題も今後は「SLOな日々」に載せることになりますので、もしも、こちらのブログにアクセスしてくださった方がいらっしゃったら、「SLOな日々」の方へも遊びに来てみてください。 

ということで、お知らせでした。

e0109834_5125645.jpg
子供達のバースデイも

e0109834_5131636.jpg
ハロウィンも、写真撮っただけでいつの間にか過ぎ去ってしまったなぁ・・・


興味のある方は、私のアメリカ生活ブログ「SLOな日々」へお越しください~♪
[PR]
# by avocadogohan | 2008-11-23 12:53
お知らせ
最近、すっかり更新が滞っております。
いくつか写真は撮っているんですけど、なかなかゆっくりPCに向かう余裕がない毎日です。


ところでですね、近頃不快なスパムがひじょ~~~に多く、更新はできないけど、そのスパムの削除や拒否設定に忙しくしております(激怒!)。
いくらスパム元のアドレスを拒否設定にしても、次には違うアドレスで侵入してくるという、いたちごっこなんです。
というわけで、当分の間、コメントはエキサイト会員のみ・・・・ということにさせていただきますね(涙)。

エキサイトの会員ではない方々、もしよければこの際会員になりませんか?
別にブログ作んなくてもいいんですよ。入会費はただです。って、エキサイトの回しもんではありませんけど・・・・・・。

そんじゃ、そういうわけで連絡まで・・・・。
[PR]
# by avocadogohan | 2008-02-01 09:32 | その他
洋梨とピーナッツバターのサンドウィッチ
ピーナッツバターといえば、アメリカを代表する食品のベスト5に入るかもしれません。
ピーナッツバター&ジェリー(ジャム)サンドウィッチは、子供が学校へ持っていくサンドウィッチの
最もポピュラーなものです。
我が家の子供達ももちろんですが、夫もこのピーナッツバターが大好きでして、
うちではコストコのビッグサイズのものを常備しています。
私はといえば、実はここ1年くらいの間に好きになりました。それ以前も、嫌いではなかったけれど、
特別食べたいと思うものでもなかったんですね。
仕事を始めてからというもの、自分の朝食や昼食は残り物なんかでささっと済ませることがほとんど。
とはいえ、作らなければなーんにもない日というのもちろんもあって、そんなときに手軽な
ピーナッツバターのサンドウィッチが登場する機会が増えたのです。
トーストしたパンにピーナッツバターを塗るだけでもいいんだけど、洋梨のスライスをはさむと
これが妙においしい。
ピーナッツバターとバナナというパターンもあって、こちらは昔夫に教えてもらったもの。
これはこれでおいしいのですが、洋梨とのコンビの方が甘すぎずに私好みかな。
実はりんごも試してみました(笑)。
味はいいんだけど、りんごのシャキシャキした食感が自己主張しすぎかな・・・という感じ。
バナナや洋梨の柔らかめのものの方が、ピーナッツバターとまったりとからんで
しっくりいくような気がします。
ま、結局は好みの問題でしょうけどね(笑)。
あ!!案外マンゴーやプラム、ピーチも合うかも!

e0109834_8381597.jpg


この洋梨&PB、子供達にも好評。
バナナ&PBも大好きなんですが、これをランチ用に持たせると、お昼までにはバナナが茶色く
変色してしまいます。洋梨だとさほど変色もせず、バナナのようにべちゃっともならないので、
子供達からも合格点が出されました。
ちなみに、パンはそのままよりも軽くトーストしたほうがおいしいと思います♪

ピーナッツバターのサンドウィッチといえば・・・・・・
[PR]
# by avocadogohan | 2008-01-16 16:42 | パン
オレンジ・スナッパー
アメリカで生活するようになって、魚介類が食卓に上ることがめっきり減ってしまいました。
カリフォルニアは海沿いだから、シーフードもふんだんにありそうな気がするんですけど、
高級グルメじゃない(ここがミソ!)一般的なスーパーに並んでいるシーフードは、サーモン、ハリバット(ヒラメ)、レインボートラウト(ニジマス)、キャットフィッシュ(ナマズ)、レッドスナッパー(タイの一種)、エビ・・・なんてのが一般的で、たまーにコッド(タラ)とかツナとか。
なんか、食べたーいと思わせてくれる魚があんまりないんですよねぇ~。
活きのいい刺身なんて贅沢なことは言わないけれど、日本人としては、やっぱりアジやイワシにブリにサバとかですねぇ、イカにタコなんてものも食べたいもんです。

それでもやっぱり肉続きの食事だと食傷気味になるので、新鮮できれいなフィレを見つけたときには買ってみます。私が買う魚はサーモンやレッドスナッパー、ティラピアってのが多いかな。
たまの魚料理、塩だけで焼いて、ごはんに味噌汁、野菜の副菜なんていう和風になりがちです。
結局これが一番おいしかったりするんですが、時にはこんな違った味も・・・。


オレンジ・スナッパー (レッドスナッパーのオレンジソースかけ)
e0109834_2141051.jpg


レッドスナッパーはタイの一種なんですが、日本の鯛に比べたらぷりぷり感は劣るかな。
でも、白身の魚はどんな料理でも合うので使いやすいですね。
このオレンジソースは、みじん切りのにんにくとタマネギをバターで炒め、オレンジのピールと絞ったジュースを加え、塩コショウで味をつけ仕上げにパセリのみじん切りを混ぜたもの。
魚は薄く塩コショウをして表面がきつね色になるくらいにソテーし、ソースを調理しているフライパンに入れて少し一緒に煮詰めました。
淡白な白身魚にオレンジ風味が爽やかです。



にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村 料理ブログへ

avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」 もどうぞよろしく。
[PR]
# by avocadogohan | 2008-01-11 08:50 | シーフード料理
クルーミ・チーズ
なんて、変なネーミングになりましたね(笑)。
e0109834_55549100.jpg
この写真のは自宅用に少し取っておいたものなので少々不恰好(笑)


ちなみに、参考にしたレシピの中では、"Nut Cream Cheese Log"って書いてありました。
チーズの丸太ん棒ですね。

一日の午後、近所の方からニューイヤーズパティーによばれ、そのときに急遽作って持っていった
アペタイザーです。
レシピでは、クリームチーズ、パルメザンチーズ、ペカンナッツ、パセリを混ぜて丸太状にする
というものでしたが、ペカンがなかったので代わりにクルミを、パセリの代わりにネギ、
そして更にちょっとアクセントがほしかったのでブラックペッパーを足しました。
この手のアペタイザー、すごく簡単なのに見た目はグルメっぽいので、急なパーティー用には
かなりいいですね。


Nut Cream Cheese Log

【材料】
・クリームチーズ     1パック(室温)
・パルメザンチーズ    1/2カップ
・パセリやネギのみじん切り   適宜
・ナッツ(みじん切り)       ペカン、クルミやアーモンドなどお好みでいいと思います
                     :混ぜる分と外側にまぶす分を用意
・ブラックペッパー     適宜

【作り方】
①室温に戻したクリームチーズに他の材料を全部混ぜる。
②ラップで巻きながら丸太状に成形する。
③ラップを開き、ナッツをチーズの外側にまぶしていく。
④ラップで再び包み、時間があれば冷蔵庫で1時間くらい冷やす。
時間のないときには冷凍庫で急冷。
⑤クラッカーを添えてどうぞ。

 注記:クルミは細かく刻んで、風味を増すためにフライパンで少しローストしています。


今度作るときには、ハーブ類、赤や黄色のスウィートペッパーのみじん切りなんかを入れてみようかと思っています。
辛いのがお好きな方は、ハラペーニョのみじん切りを入れてもいいかもしれませんね。




にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村 料理ブログへ

avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」もどうぞよろしく。
[PR]
# by avocadogohan | 2008-01-03 12:50 | アペタイザー
2008年1月1日
新年明けましておめでとうございます!


なんだかあっという間に2008年ですね~!
日本の皆様、諸外国にお暮らしの皆様、それぞれ幸せな気持ちで新年を迎えられたでしょうか。
このブログも、考えてみたら2007年の1月からスタートしたんでした。
あんまり頻繁に更新できてませんでしたが(汗)、今年も健康な食生活を送るための励みになるように、このブログを綴っていきたいと思います。

さて、新年といえばおせち。
アメリカの田舎暮らしをしていると、おせちもなかなか材料が揃いませんが、それでも日本のお正月らしさを演出するために、また、子供達にこういう文化を受け継いでもらうために、今年も何とかそれっぽい「なんちゃっておせち」ができました。

e0109834_10374959.jpg
お重に詰めると、それらしい雰囲気を醸し出してくれるのがなんともありがたいですな、ははは~。


自分でおせちを作ると、子供のころの暮れや正月の情景が毎年いつも懐かしく思い出されます。
暮れが押し迫ってくる師走の27日ごろから、正月の準備で家の中はだんだんと忙しくなっていったものです。
我が家では杵や臼での餅つきこそしなかったけれど、大きな餅つき機を使って鏡餅や小さな丸餅、切り餅用に大きなバットに平たく伸された餅などを、母はひっきりなしに作っていました。
そして、塩抜きのために水に入れられた数の子が冷蔵庫に納まっていたり、庭には漬物用の白菜がずらりと日に干されていたりと、日に日に正月用の食材が台所や土間などに姿を見せ始め、暮れの慌しさに伴ってお正月へのわくわくした気持ちも高まっていったものでした。

私の父は長男だったので、盆正月には父の弟・妹達がそれぞれの家族を連れてやって来るのが決まりのようになっており、母は毎年大量に料理を用意していました。
大晦日は料理の仕上げ日とも言える大忙しの日で、そんな中でも年越しの蕎麦打ちまで自分でやっていた母。今更ながら頭が下がる思いです。
元旦の朝、私が起き出すころには、母はもうすっかり着物に着替えて白い割烹着を羽織って雑煮の準備をしていたっけ。
それに比べると私は、御節の品数も量も比べ物にならないくらい少ないのに、いまだに要領を得ずに時間ばかり食ってしまいます。
そんな「なんちゃっておせち」だけれど、子供達にとってはやっぱりなんだか特別のようなので、面倒くさいんだけど、出来るうちは続けていこうと思った2008年の元旦の朝でした。




avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」 もどうぞよろしく。

にほんブログ村 海外生活ブログ アメリカ情報へにほんブログ村 料理ブログへ

[PR]
# by avocadogohan | 2008-01-01 17:28 | 季節や行事の食事
イソフラボンさま!

ずっと前に、まだサザンカリフォルニアに住んでいたころのブログ「裏庭の木陰から」で書いた記事とダブるような内容になってしまいますが、今更ながら豆乳のすごさに感動しています。

夏の間ずっと遠のいていた豆乳を、寒くなってきてからまた再開しました。
というのも、冷たいまんまではどうも飲みにくいんで、温めてココアを混ぜて飲むのが私流なんですけど、ここいらの夏はばかみたいに暑いので、さすがに熱い豆乳ココアは飲みづらくてずっと飲んでなかったんです。
しかしですね、飲み始めてみると、「やっぱり豆乳って体にいいわ!」ということが顕著に感じられるんです。
まず何と言っても、手のがさがさが和らぐ!
ほんとに驚くべきことなんだけど、豆乳を飲み始めて2、3日で、手のひらの、特に指先の皮膚がまずすべすべになるんですよ。それから手のひら、手の甲ときて、そういえば、いつも乾燥しすぎて痒かった足や体もいつのまにかなんともなくなっている!!
これは個人差もあるのかもしれないけれど、私の場合、いつもこのパターンです。
大豆に含まれるイソフラボンは、日本でも話題になってもう久しいですよね。
イソフラボンは女性ホルモンと同じような働きをするんでしたかね?
そして、聞くところによると、このイソ様は、女性ホルモンのバランスをうまく操作してくれるとか。
ホルモンの分泌を多すぎず少なすぎず、ちょうどいい状態に保ってくれるらしい。
女性、特に30代後半からの女性にはつよーい味方のイソ様です。
なんといっても、日本人にとっては、大豆って切っても切れない血や肉のようなものだろうから、大豆製品を欠かさず摂ることは必要なのかもしれません。

私も年明けたらすぐに44(!!)。
ホルモンのバランスもかなり変化してきているのが自分でも分かるし、更年期へもまっしぐらです。
食生活を日頃かなり気をつけているつもりでも、ここはやはりアメリカ。日本人には欠けている栄養素もかなりあるわけで、豆乳はそんな私の強い相棒になってくれそうです。

海外に住む日本人の女性の皆さん、大豆製品、おすすめですよぉ~♪
[PR]
# by avocadogohan | 2007-12-16 20:37 | その他
洋梨とクランベリーのケーキ

最近更新が滞っております・・・・。
あぁ~っ!今年も残すところあとわずかですね。12月は本当に忙しいし気ぜわしい!!
食事も最近cha-cha-cha状態が多く、写真を撮ってる暇もない、というよりそういうことを考えている余裕がない、と言ったほうが正しいかな。
それになんといっても、ブログに載せるほどのものも作ってないし・・・。マンネリの日々・・・。

とはいいつつ、おやつはよく作るんですよ。これも節約生活の賜物ですけどね。
サンクスギビングで作ったクランベリーソース、たくさん余っていました。
クランベリーの赤はとってもきれいな色なので、ターキー用のソースだけではなく、いろいろ使い道がありそうだと、2種類のソースをたんまりと作っておいたんです。
パンケーキに入れて焼いたら子供達から好評だったんで、こんなケーキを作ってみました。

簡単なスポンジケーキの種にクランベリーソースをさっくりと混ぜ、タルト型に流し込み、
上に洋梨のスライスを並べてブラウンシュガーとシナモンをふりかけて焼きます。
e0109834_258856.jpg
分かりづらいんですけど、クランベリーが底の方に入ってます


洋梨から染み出るジュースがスポンジケーキをしっとりとさせるので、膨らまずにタルトのようになりました。冷やして食べてもおいしかったですよ。
個人的にはもうちょっと酸味があったほうがいいかなと感じたので、次回作るときにはサワークリームを混ぜ込むか、レモン汁をたっぷり入れてみるといいかも。



洋梨とクランベリーのケーキ

【材料】
*スポンジケーキとして
 ・サラダ油      50cc
 ・砂糖         80g
 ・卵          2個
 ・塩          小さじ1/2
 ・レモン汁      大さじ1
 ・小麦粉       120g
 ・ベーキングパウダー   小さじ1
 ・豆乳         50cc
 ・クランベリーソース  適宜

*トッピングとして
 ・洋梨(スライス)  1個分
 ・シナモン       適宜
 ・ブラウンシュガー  適宜

【作り方】
①ボウルにサラダ油、砂糖、卵を入れてハンドミキサーでよく混ぜる。
②小麦粉とベーキングパウダーはあらかじめ混ぜておき、①に入れ、クランベリーソース以外のほかの材料も加えてよく混ぜる。
③よく混ざったら、クランベリーソースを加えてさっくりと混ぜる。
あまり混ぜすぎると色が全体に染み渡ります。
④型に流し込み、スライスした洋梨を放射状にきれいに並べ、シナモンとブラウンシュガーも振り掛ける。
⑤350°F(180℃くらい)のオーブンで30分ほど焼く。


クランベリーソースがなければ、イチゴのコンポートでもいいし、レーズンでもいいと思います。
洋梨も、りんごやパイナップル、マンゴーなんかでもいいんじゃないかな。
お試しください~♪



にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ

avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」 もどうぞよろしく。
[PR]
# by avocadogohan | 2007-12-12 09:40 | デザート・お菓子
サンクスギビング2007

サンクスギビングも終わり、街はもう完全にクリスマスムードです。
今年のサンクスギビングは11月22日でしたが、これは毎年同じ日というのではなく、アメリカでは11月の第4木曜日がサンクスギビングの祭日とされています(カナダでは確か別の日だったと思う)。

いつもだったら、夫の両親の家に弟や妹達の家族みんなで集まり、それぞれが何かしらの料理(あるいはお菓子)を受け持って、朝から台所でわいわいと準備をするというのが恒例です。しかし、今年は都合で実家には帰れず・・・。
私たち家族5人だけのちょっと寂しいサンクスギビングとなりましたが、そのかわり、料理を自分たちで全部用意するといういい経験にもなって、これもなかなか楽しかったです。

e0109834_4375759.jpg
この日は早めの夕食となりました


e0109834_4382166.jpg
サンクスギビングといえば、ターキーと並んで欠かせないのがパンプキンパイ♪


ところで、サンクスギビングはターキー受難の日・・・
[PR]
# by avocadogohan | 2007-11-26 11:34 | その他
サンクスギビングのクランベリー・ブロンディーズ

明日11月22日はいよいよサンクスギビング。
アメリカではクリスマスももちろん重要ですが、アメリカ大陸入植時代の名残を残すこのサンクスギビングも、クリスマスと並んでとても大事な祭日です。

サンクスギビングは家族が集まってとにかくご馳走を食べる、食べる!
七面鳥の丸焼きをメインに、いろんな料理やデザート類が食卓にずらりと並びます。
これもそのサンクスギビング用に焼いてみました。
e0109834_17182558.jpg
生のクランベリーがご~ろごろ

e0109834_17152493.jpg

「Cranberry Blondies」。かわいい名前です。クランベリーはドライとフレッシュなもの両方使っています。赤い色がとっても鮮やかで嬉しくなりますね。
レシピは手元にある雑誌に載っていたもの。作り方などは後日アップします。

e0109834_17173310.jpg
段重ねにすると何だか迫力です・・・


***************************************


え~、日付は変わりまして、ただいまサンクスギビング当日です(笑)。
今現在、オーブンにはターキーが丸々納まっていて、家中いい匂い♪
パンプキンパイもクランベリーソースも作ったし、月曜日に作っておいたパンも冷凍庫から出してあるし、後はサラダや野菜ディッシュにマッシュポテトを作るだけ。あ、何かアペタイザーもちょこっと用意しないとね。
やっと手が空いたので、クランベリー・ブロンディーズのレシピをアップしておきますね。


Cranberry Blondies

【材料】
・バター(室温) 1/2 カップ  
・砂糖 1/2 カップ  
・ブラウンシュガー 1/2 カップ
   (この砂糖はふわっとしているので、ぎゅっと押し付けて計量しましょう)
・ベーキングパウダー 3/4 tsp   
・ベーキングソーダ 1/4 tsp   
・塩 1/4tsp   
・卵 2個       
・バニラ 1tsp     
・小麦粉 1カップ
・ドライクランベリー 1/2カップ
・刻みホワイトチョコレート 1/2カップ
・クランベリー(生) 1カップ

【作り方】
① オーブンを350°F(180℃くらい)に温め、20cm×30cmくらいのバットにホイルを敷いてスプレーオイルを吹きかける。
② バターをハンドミキサーで柔らかくなるまで混ぜる。
③ 更に砂糖2種、ベーキングパウダー、ベーキングソーダ、塩を混ぜる。
④ 卵とバニラを加え更によく混ぜる。
⑤ 小麦粉も加えて、粉が飛び散らないように低速で混ぜる。
⑥ ⑤の中に、ドライクランベリーとホワイトチョコレートを加え、バットの中に均等に流しいれる。
⑦ 生のクランベリーをトッピングに散らし、軽く押し付けるようにして少し生地の中に沈める。
⑧ オーブンで25分から30分焼く。
⑨ 焼きあがったら、1時間くらいワイヤーラックの上で冷まし、ホイルを取って切り分ける。


これを作ったとき、実はブラウンシュガーを入れるのを忘れたんです。このレシピどおりだったら、もう少し茶色くなるはずです。
ブラウンシュガーを入れ忘れても十分おいしかったですけどね♪

☆レシピは、定期購読しているBetter Homes and Gardensという雑誌からのものです。




にほんブログ村 料理ブログへにほんブログ村 料理ブログ 家庭料理へ

avocadogohanのアメリカ生活ブログ「SLOな日々」 もどうぞよろしく。
[PR]
# by avocadogohan | 2007-11-21 22:13 | デザート・お菓子